カリフォルニア不動産協会 【10月の不動産マーケットレポート】

カリフォルニア州の住宅市場は10月も揺れ動き、30年固定金利住宅ローンの月平均が7%近辺で推移し、2008年2月以来の低い販売水準、パンデミック以外では2007年12月以来の大きな前年比減少をもたらしたと、カリフォルニア不動産協会(C.A.R.)は先週報告しました。

住宅販売は、前年同月比で16ヶ月連続の減少傾向となっている。売上高が前年同期比で30%以上減少したのは、過去4ヶ月で3回目。また、過去43年間の9月から10月にかけての平均値(+0.5%)を下回る10.4%の減少を記録しました。全ての価格帯で前年比30%以上の減少が続いており、中でも75万ドルから99万ドルの価格帯は40.8%と最も減少しました。ハイエンド市場(100万ドル〜199万9000ドル)は34.1%と最も減少幅が小さかったです。

カリフォルニア州の10月の住宅価格中央値は、9月に記録した821,680ドルから2.5%減少し、801,190ドルとなりました。10月の価格は昨年10月に記録した79万8440ドルより0.3%高く、前年同月比で29ヶ月ぶりの小幅な上昇となりました。

2022年11月22日CALIFORNIA ASSOCIATION OF REALTORS® 発表のレポートを和文抄訳し筆者が加筆修正を加えたものです。内容の真偽については、原文を優先してください。