カリフォルニア不動産協会発表9月レポート

金利上昇が9月の住宅販売と価格を押し下げる

  • 9月の中古一戸建て住宅販売件数は季節的要因調整済み年率換算で305,680件となり、8月から2.5%減、2021年9月から30.2%減
  • 9月の州全体の年間住宅販売件数は、16.5%減

8月に一時的に販売が回復したものの、住宅ローン金利の急上昇により、9月のカリフォルニア州の住宅販売は減速し、春に始まった前月比減少傾向が再開したと、CALIFORNIA ASSOCIATION OF REALTORS® (カリフォルニア不動産協会 以下C.A.R.) は2022年10月18日発表しました。

C.A.R. が全米 90 以上のローカルのREALTOR® 協会および MLS から収集した情報によると、カリフォルニア州の 9 月の中古一戸建て住宅販売件数は、季節的要因調整済みの年率換算で 305,680 件となりました。州全体の年率換算販売数は、9月の販売ペースを年間を通して維持した場合の2022年中の住宅販売総数を表しています。一般的に住宅販売に影響を与える季節要因を考慮し、調整されています。9月の販売ペースは、8月の313,540戸から月次ベースで2.5%減、年率ベースでは438,190戸だった前年同月から30.2%減となりました。

住宅販売件数は、前年同月比で15ヶ月連続の減少となり、前年同月比で30%以上減少したのは過去3ヶ月で2回目であった。また、過去43年間の8月から9月までの平均値である0%をも下回る2.5%の販売減となった。全ての価格帯で前年比25%以上の減少が続いており、中でも30万ドル以下の価格帯は36.7%と最も減少した。100万ドルクラスの住宅販売は4ヶ月連続で再び二桁の減少となり、ハイエンド市場区分は前年同月比25.6%減となりました。

California September home sales and price report

C.A.R.社長のオットー・カトリーナ(ベイエリアの不動産ブローカー、REALTOR®)は、「年初から金利が急上昇し、買い手も売り手もこれから不動産市場におてい、これが『普通』の状況と理解するのにまだ時間を要しています。”今後 12~18 ヶ月で市場が進化し続ける中、REALTORS® は、複雑な売買プロセスにおいて顧客を導き、この困難な時期に障害を克服するための信頼できるアドバイザーとして、これまで以上に重要な役割を果たすことになるでしょう” と述べています。

C.A.R.副社長兼チーフエコノミストのJordan Levineは、「9月の販売と価格の下落は、来年の我々の予測を再確認するものだ」と述べています。「高いインフレ圧力が住宅ローン金利を上昇させ、住宅購入者の購買力を低下させ、来年は住宅の値ごろ感を押し下げるだろう。今後12ヶ月間、借入コストが高止まりすることで、2023年には販売の引き下げと住宅価格の下方調整が予想されます。” 

C.A.R.の2022年9月の再販住宅レポート(新築以外)のその他の要点は以下の通りです。

1,地域別では、昨年から大幅な販売減が続き、主要5地域のうち4地域が昨年から25%以上減少した。南カリフォルニアは32.6%と最大の年間販売減少率となり、この地域内のすべての郡が9月に30%以上の販売減少を経験した。サンフランシスコ・ベイエリア(-26.6%)、セントラルバレー(-25.9%)、セントラルコースト(-25.7%)も昨年から25%以上落ち込み、3地域とも一貫して高い減少率を維持している。ファーノース(-17.7%)は引き続き主要5地域の中で最も減少幅が小さいが、こちらも4ヶ月連続で2桁の減少を記録している。

2, カリフォルニア州の住宅供給は、住宅需要の減少にもかかわらず、1年前より改善し、9月には前月から横ばいとなった。州全体の売れ残り在庫指数(UII)は、前年同月の1.9ヵ月から2022年9月には2.9ヵ月となった。クローズドセールスが25%以上、ペンディングセールスが40%以上減少し、アクティブリスティングが大幅に長く市場に滞在しているため、9月には売り物件が51.5%急増する要因となった。

3, カリフォルニアの一戸建て住宅の売却に要した日数の中央値は、2022年9月は22日、2021年9月は10日であった。

4, フレディマックによると、30年固定型住宅ローン金利は9月の平均が6.11%で、2021年9月の2.90%から上昇した。5年物の調整型住宅ローン金利は平均4.87%で、2021年9月の2.45%から上昇しました。

2022年10月18日付けのカリフォルニア不動産協会発表9月レポートを和文抄訳したものに、独自の編集を加筆修正